JavaScript

fileerrjp.gif 99件 [詳細]

JavaScriptの基本系

ポイント

JavaScriptでページを作っていると、うまくうごかない場合が良くあります。

こんなとき、エラーメッセージが出ている場合がよくあります。
例えば綴りを間違えていたり、; が抜けてたり…
インターネットエクスプローラーでは、ツール>インターネットオプション>詳細設定>スクリプトエラーごとに通知を表示するでエラーメッセージは出てくるようですが、ツール(表示)>インターネットオプション>詳細設定>ブラウズで、「スクリプトのデバッグを使用しない(無効)」のチェックを外すとエラーメッセージが出て来るという情報もあります。
バージョンによって違う動作になるかも知れません。
エラーを見ると、行数(ライン)とかエラーの内容が出ています。
行数と言うのは、そのページの最初から数えて何行目かという事です。
最初はちょっとわかりづらいかも知れませんが、とりあえずエラーになっている位置はおおよそ特定できますし、慣れると非常に便利です。
これからJavaScriptで作っていくと必要になりますんで、設定しておきましょう!
この中でも気をつけることがいくつかあります。
「ライン1」でエラーが発生する場合がありますが、これは、アンカー内で問題が起きているということです。
例えば href="JavaScript:gamestart()" と書いてしまった場合とかに出ますね。
(本当は href="JavaScript:gameStart()" でなければならないということです) また「オブジェクトがありません」とか「オブジェクトを指定してください」と出ることがありますが、大抵の場合、関数や変数を定義していないのに使用しているというケースが多いです。
最初は難しいと思いますが、経験なので、失敗した分だけ、エラーを見た分だけ、レベルが上がっていくものですので、くじけずに頑張ってください。

fileerrjp.gif 99件 [詳細]




[ 戻る ]

添付ファイル: fileerrjp.gif 99件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-03-31 (土) 04:36:40 (2581d)